2021年5月アーカイブ

何を持って差別というか

知り合いが「差別にあった人の話」として色々なことを話してました。
外国で、唾をかけられた、というのもありましたが、本人がかけられたわけではないし、「・・・だったらしいよ」というもので、これってどこまでが本当なのかわからない。
もしかしたら、その「唾をかけた」である人は、「その人の方角に向かって唾を吐きたくなっただけ」で、その人に唾をかけたのではないかも。
差別されてる、と思い込んでる観光客は「唾をかけられた」ってなる、、、そういうこと。
わからないのです。
その人に向かって、か、唾を吐いた、のかも。。わからないのです。
そうだとしても、それが何ですか、、、毅然とした態度でいましょうよ、嫌な気持ちになっても、です。
泣いたり、怒ったり、そういうことをしたら「差別されてます」と認めていることになる。
相手に「差別なんてしてない」という意識を持たせたらいいのです、あなたはとっても良い人、、って。
そしたらこの世から差別も無くなるし、あっても何もしなくなります。
今は差別について意識が強くなってますけど、何百年も前からあった話で、よくないことは誰もがわかっているのです。
自分はしない、されない、これでいいのではないでしょうか。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2021年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。