夢のまま、がいいのだ。

よく「夢の田舎暮らし!」なんて素敵な響きで聴きますけど、現実はそんな夢ではなく、
夢のまま終わっておいたらよかったのだ、、って思うことも多いのですって。
簡単ではない、は、引っ越しは簡単かもだけど、その後が大変ってことで、
地元の人たちに受け入れられたと仮定しても、生活面で不便を感じることもあると。

車がなくては生活出来ないし、運転に慣れてない(慣れてくるけどね)、
あとは、家の設備がやっぱり」都会とは違って、例えば台風が来るとお水が濁ったりもするのだそうだ。
それを」が万出来ないので、(ローカル人は慣れている)、綺麗な水が出るように設備を整えたら650マンかかったとか。

それでも、そんなにお金をかけて、大変な思いをして生活を始めても、
悲しいかな結局は都会に戻ってしまう人も多いんですって。
その人たちが声をそろえていうのが
「夢は夢のままがいいよい」
なんです。
そうかもですね。
田舎暮らしを甘く見てはいけないのだ。それだけです。なんでも同じだと思う。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、りゅうじが2020年8月 1日 23:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カップラーメン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。