2020年3月アーカイブ

相続のこと

日本でも相続のことって複雑でよく分からないのに、海外でなにかを相続するとなるともっと大変です。
海外では、相続人の認定が日本と少し違っているようで、
子供に相続の権利がないこともあります。
旦那さんがなくなったとして、全て奥さんに行くようです。
(奥さんが生きている場合)

日本では子供にも相続権がありますよね、する・しない、は置いておくとして。

これっていいですね(!)、子供には持っていかれたくないものだってあるしね。
でも、配偶者がいない時は子供にいきます。
ここはしょうがない。

もし嫌なら、または配分を違うものにするなら、
遺言をかく、という方法しかありません。
遺言はそのままいくようです。
ここも少し日本と違う、日本は、遺言があっても、家族にはそれを受け取る権利があります。

たとえ、「愛人に全財産をあげる」と書かれていても、家族は訴えを起こしてちゃんといただくことができるのです。
家族を守っていますが、家族の定義がね、、、
戸籍でしかないから嫌だ。

最近は内縁の妻でも法律で(裁判で)勝つ事例も多いみたいですけどね。

相続のことってちゃんと知ってるのとそうでないのとではいざという時の対応が違うので、
ちゃんと調べておいたほうがよさそうです。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2020年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年2月です。

次のアーカイブは2020年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。